幸せになるための家づくり

北工房HOME >  幸せになるための家づくり > 新築の場合

家ができるまで

新築の場合

ご相談受付(無料)

「幸せになるための家づくり」第一歩は、お客様からご相談を頂戴するところから始まります。
北工房のシステムを十分にご理解いただき、お客様に最適な家づくりの進め方のご相談や、ご説明をさせていただきます。(完全無料・要予約)
弊社にお越しいただいても構いませんし、お客様のご都合に合わせて手前共がご自宅にお伺いしても構いません。また、メールなどによるご相談も随時承っております。「幸せになるための家づくり」はここからがスタートです。

このページのトップへ

プランのご提案<ラフ計画図と概算資金計画のご提示>(無料)

ご相談受付時に頂戴したお客様のご希望に添って、「理想の家」の間取図や外観図などのラフプランを作成いたします。どこまでお客様の夢に近づけるかが私たちの腕の見せどころ。今まで、言葉やイメージだけで語られてきた「家」が、はじめて「かたち」になる瞬間です。
お客様が想像もしなかったアイディアやデザインをご提示できると自負しております。

このページのトップへ

資金計画のご提示

北工房は建築設計事務所です。みかけだけ安い坪単価提示はいたしません。ご入居になるまでに必要な全ての費用をご提示いたします。なぜなら私たちは工事を受注し、その中から利益を得る必要が無いからです。

  1. 工事費用(家本体の工事金額・庭づくり他外部に必要な工事金額・その他)
  2. 設計監理料
  3. 土地取得に関わる費用(土地代・登記料・不動産手数料・その他)
  4. 諸経費(地盤調査費用・建物登記費用等、確認申請・ローン・保証保険費用等、その他費用(照明器具・カーテン・造付家具等))

設計監理料は北工房が頂戴いたしますが、その他の費用は原則的に直接お客様が、当該業者と契約の上お支払いいただきます。もちろん北工房がサポートをいたします。お客様から直接お支払いいただくことにより、よけいな中間経費をカットすることが可能です。
各種金融機関などへのご紹介も承りますので、遠慮なくお申し付けください。

このページのトップへ

プランの再提案<ラフ計画図と概算資金計画の再検討>(無料)

ご提示したラフプランがご希望にそぐわない時は、遠慮なくお申し付けください。私たちはお客様に納得いただくまで再検討いたします。また、その過程で法的に、予算的に「可能なこと」と「不可能なこと」をご説明いたします。お客様の期待だけを膨らませ、お見積りで愕然とさせるような真似はしたくありません。実現可能な「夢」こそが本当に「幸せになるための家づくり」だと考えるからです。

計画図と資金計画に納得いただいた時点で、北工房と設計監理契約を締結していただきます。

このページのトップへ

設計監理委託契約

計画図と資金計画をご了解いただいた段階で、お客様と北工房の間で設計監理契約を締結いたします。

このページのトップへ

実施図面の作成

実施図面の作成の様子お客様にご承認いただいた計画図だけでは家が建ちません。詳細な図面が必要となります。計画図と資金計画を念頭に、お客様と打ち合わせを重ねながら細かな部分を決定していきます。この過程がお客様にとっても、私たちにとっても、最も楽しく、また悩み多い時期となります。設計の打合せはお客様のご都合に応じて10~14日に1回程度行います。トータルの設計期間は一般的には3~4ヶ月程度になります。

設計業務の内容と、お渡しする図面など
  • 基本図面の作成・提示(配置図・各階平面図・立面図・断面図)
  • 外観のCGの作成・提示
  • 地盤調査結果に関しての所見説明
  • 構造計算書の作成・提示
  • 許認可申請の手続き代行
  • 実施詳細図面の作成・提示
実施図面のチェック

実施図面が完成後、お客様と北工房の双方で、図面内容のチェックを行います。お客様にとっては「図面」などはじめてご覧になる物。全てが一度に、頭にはなかなか入らないと思います。その時は、納得がいくまでご質問ください。
「家づくり」で起こるほとんどのトラブルは、この時点での私たちの説明不足と、お客様自身の誤解や思い込みからも発生します。「幸せになるための家づくり」が悲しい結果にならぬよう、双方でとことんチェックしましょう。

このページのトップへ

確認申請

お客様のご都合が許せば、実施図面の全てが出来上がってから確認申請手続きを行う事が理想です。ですが、ご希望の工期によっては、その前に確認申請手続きを行う場合があります。いづれにしても適当な時期に法的な手続きを行っていただきます。書類作成などは、私たちが行いますので、内容に間違いが無いかご確認いただき、押印いただくこととなります。

確認申請料の目安(弊社が頂戴する料金ではなく、審査機関に支払う料金です)

※関連リンク:民間確認審査機関(PDF)住宅I&Iサービスの確認申請料

このページのトップへ

工務店へ見積依頼

図面が完成すると工務店へ見積依頼を行います。通常は3~5社程度に同時に同条件で見積もり依頼をします。もしも、お客様がお望みの工務店、業者などがあれば、この時点までにお知らせください。あくまでも同時に同条件で見積もり依頼することが肝心です。見積期間は一般的な住宅で2週間が目安になります。

このページのトップへ

見積チェック、工務店との交渉

工務店から提出された見積書を比較検討します。
まず見積内容をチェックし、内容が設計図面と異なっていないかのチェックをします。内容が適正であると確認できた後に、ほとんどの場合、最も安い見積書の内容が適正かどうかをチェックします。仕事欲しさの常識外れの工事費は、安いからといって、ほめられたものではありません。必ず後日トラブルの元になります。
また、見積り金額が、お客様の資金計画より高い場合、工務店と交渉し当初の資金計画に近づける努力を行います。
ただし、工務店との交渉は単なる値引きのお願いではありません。お客様も、我々も、そして工務店も「幸せになるための家づくり」をするためには、工務店も適正な利益を得る必要があります。状況によっては、部分的な設計変更をしながら、お客様も工務店も納得できる工事費となるように交渉します。

複数社に見積り依頼し、適正な価格競争を促す。
その上で再度、設計内容と工事金額の擦り合わせを行う。

これこそがハウスメーカーでは絶対に行えない、設計事務所業務の真骨頂です。

このページのトップへ

図面訂正・納図

設計内容と工事金額が妥結したところで、仮に設計変更が発生した場合、図面の訂正を行います。また、出来上がった図面を設計図書としてお渡しいたします。この時期までに確認申請が下りていれば、いつでも着工できます。

このページのトップへ

工事請負契約締結

最終図面が完成すると、工務店との工事請負契約を締結していただきます。工事着工後は設計内容の変更が難しくなりますし、変更できたとしても結果として高い買い物をする羽目にもなりかねません。出来るだけこの時点までに、お客様が不安に思われている事を私たちにお申し付けください。

  1. 契約書(当事者の名前、工事名、規模、工期、金額、金銭授受の方法等を明記して署名押印)
  2. 契約約款(契約内容の詳細)
  3. 見積書(設計変更の場合の工事費増減の根拠となるもの)
  4. 設計図(実施設計図一式)
  5. 特記仕様書(その工事特有の仕様書、別に特記仕様書で指定された共通仕様書がある)

◆工務店とお客様との間で締結する工事請負契約書・契約約款は、お客様の不利益にならぬよう、工務店の作成したものではなく、北工房の監修した物を使用します。契約内容の詳細につきましては、なんなりとご質問ください。

このページのトップへ

工事着工~お引渡しまで
地鎮祭

地鎮祭の様子「地鎮祭」はお客様の判断で、行う方、省略される方といろいろです。必ず行わなければならないものではありません。ご希望があれば、手配のお手伝いをいたします。費用は概ね5万円以内です。時間は30分程度です。

縄張り確認(必ずお客様に立ち会っていただきます)

建物の基礎を作るために、地面を掘り返します。その前に、敷地の中で紐などを使い、概ねの建物の大きさが判る様にしておきます。建物本体については着工後でも多少の変更は可能ですが、「建物の位置」だけは、どんなことがあっても変更できません。
現場で実際に位置関係を確認していただいた後に、地面を掘り返します。この立会いは必ずお客様自身にお願いしています。お客様の立会いが出来ない場合は、ご都合がつくまで、着工いたしません。地鎮祭を行う場合は、地鎮祭終了後にお願いしております。特に問題がなければ、10分程度で終了いたします。

地盤確認・杭の施工状況の確認

地盤確認・杭の施工状況の確認の様子基礎の形式によっても異なりますが、地面を掘った後の、地盤の固さや、密度を北工房のスタッフが「目で見て」確認します。あるいは、杭などの施工状況を「目で見て」確認します。建物が出来上がってしまうと確認しにくいところですので、「目で見る」ことが大切です。

基礎検査

基礎検査の様子基礎の大きさ、鉄筋の太さ、組み立て方などが設計図通りであるかどうか、北工房のスタッフが「目で見て」確認いたします。鉄筋などに関して不都合があった場合は、コンクリートを流し込む前にすべて是正させます。鉄筋の状況や確認した事は、すべて写真などの記録に残し、竣工後、お客様にお渡しいたします。

上棟と建て方検査

上棟と建て方検査の様子上棟とは建て前とも言いますが、柱などの部材が現場で組み立て終わった状態を言います。厳密な定義はありませんが、概ね屋根の下地板を貼り終わった状況を示すことが多いようです。
この時点でお客様の希望によって、「上棟式」「建て前」「餅撒き」などを行う場合があります。昔は家内安全を祈願し、それまで作業してくれた大工さんをねぎらい、工事に際しご迷惑をお掛けしているご近所に御礼する意味で、餅撒きをしたりお菓子を配ったり、神事の後に小宴会をしたり(ナオライと言います)と、様々なことを行っていました。
昨今、大工さんは車で現場にいらしているので、飲酒もできず、さすがに現場での小宴会はあまり行わなくなりました。また、現場もその間作業ができませんので、例え半日といえども、工事がストップします。最近は簡単な神事のあとに、お弁当などをお配りして終わることが多いようです。神事は30分程度で終了します。費用は、地鎮祭の費用(神社などにお支払いする費用)にお配りするお弁当代程度とお考えください。必ず行わなければならないものではありませんが、家内安全祈願、もしくは、お子様の「記憶に残るセレモニー」として執り行う方も多いようです。

建て方が概ね終了した時点で、北工房のスタッフが使用されている補強金物が設計図通りか、1個づつ、「目で見て」チェックします。金物の使い方が間違っていると、全く補強の意味がありません。ミスがあれば是正してもらいます。
当然、その時に、スジカイや柱、梁の位置、使われている材料やサイズもチェックします。すべて写真などの記録に残し、竣工後、お客様にお渡しいたします。基礎の検査と建て方検査が「家の安全」を確保する、最も大切な検査となります。

外壁・屋根検査

外壁や屋根の下地の状態、コーキング(防水のための材料です)の状態などを北工房のスタッフが「目で見て」チェックします。検査の状況は写真などの記録に残し、竣工後、お客様にお渡しいたします。

内装検査

内部の作りかたが、設計図通りかの確認を行います。ここまでくると、お客様が現場にいらしても、「かたち」がはっきりと判ります。

竣工検査(必ずお客様に立ち会っていただきます)

竣工検査とは、お客様と北工房(設計者) と工務店 (施工者) とで行う最後の検査です。ご入居後、時間が経過した後に建材の不具合などをお申し出になっても、それが工務店の責任なのか、お引渡し後にお客様によってされたものなのか、判然としない場合があります。この時点で、必ずお客様の目でチェック確認いただくことが大切です。

補修・手直し工事

検査によって発見された不具合を、補修・手直しいたします。また、手直し後の状態も、お客様にチェックいただきます。

取り扱い説明(必ずお客様に立ち会っていただきます)

暖房・給排水・電気機器などの使用方法の説明を行います。お客様のご都合によっては竣工検査と同時に行う場合もあります。

お引渡し(必ずお客様に立ち会っていただきます)

お引渡し時には、鍵や保証書、登記に必要な書類などをお渡しいたします。この日からはお客様の「家」として自由にお使いいただけます。工事着工からお引渡しまで、約4ヶ月程度が一般木造住宅の標準的な工期です。

お引渡し後の点検・ヒアリング

お引渡し後の点検・ヒアリングの様子北工房ではお引渡し時から、6ヶ月、1年目、5年目、10年目の点検を行います。また、実際にお住まいになられてのご感想や、その後の追加工事なども承ります。

 

このページの最上部へ

株式会社 北工房
〒060-0001 札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム409
TEL:011-622-7111  FAX:011-622-7125

Copyright © KITAKOBO All Right Reserved.

お役にたてることがございましたら、ご遠慮なく北工房まで
お問い合わせ・資料請求はこちらから